正統はてな村_愛国よろこんで

強くなければ国を愛せない やさしくなければ愛を国せない 日本語ユーザー再度参照してください

日本は何歳か?

元才女おばさんの話の続きというか余談です……

私なら答えは1つ

私は今年で50になる。1968年8月3日に生まれたので、今年の誕生日まで生きていれば、間違いなく50になる。もちろん、50になるか即死かなら、迷うことなく50を選ぶ。


とはいえ50歳。なかなかインパクトのある数字だ。正直なところ、まだ納得はしていない。今からでもキリスト非実在説確定とかで西暦うやむやにならねえかなと思っている。しかしもしそうなっても、昭和43年の生まれであることは動かせないので、ジーザスと先帝陛下が織りなすブロックチェーンに屈するしかないと言いつつまだ納得はしていない。


そもそも、戸籍がおかしい。戸籍上の生年月日に何の意味があるのか。星占いとか丙午とか迷信だし、私の生誕には事件性も無い。そんなもの、ブロックチェーンで記録しなくていいと思う。百歩ゆずって、成人したら抹消。それで誰も困らないし、特殊な呼吸法で見た目20代序盤の私が「実は49なんです……」「戸籍上はもうすぐ50歳ということになります……」とかカミングアウトしたところで誰も幸せにならないのはもう知ってる。


そんな無意味な情報でも、とにかく記録しておきたがるのが国家というものだ。そのくせ、自分の起源はフレキシブルに運用している。国民の年齢は死ぬまで許さないくせに、大日本帝国アカウントをあっさり捨てて転生したかと思いきや裏の流れで復活する謎の建国記念日。私も紀元節世代ではあるから、その復活は素直に嬉しかったが、そのとき以来もう日本が何歳なのかさっぱりわからなくなってしまった。

訊いて悪いは国家の年齢

私は本居宣長直撃世代なので、「日本」という何らかのアレの起源については、諸説あることをみっちり教えこまれている。5分前誕生説からビッグバン=天之御中主余裕の所業説まで、いろいろある。その中のどれが正しいのかは、仏教的三千グローバリズムを超克した立場から言わせてもらうと、よくわからない。本当にわからない。そのうち、日本国民の数だけ日本の起源があるのだ的な珍説が出てくるかもしれないが、それを否定することさえ難しい。


だから国家は国民の誕生日を執拗に記録するのかもしれない。とうてい合理的な推論とは言えないが、私はそう感じている。曖昧な国家の起源のかわりに、その対極に置かれる何かを確定させておきたいという非合理な国家の気持ちがあるのではないだろうか。このような国家の気持ちは、「日本は心の中にある」という近代国学的な気持ちとも相性が良く、容易に結合しうる。

そしてもし仮に、日本の気持ちと日本国民ひとりひとりの気持ちが1toNの関係で結合してしまえば、日本の起源という論点は、国民分裂の火種となりうる。なぜなら日本は日本の年齢を知らないからだ。日本国民ひとりひとりが、日本の起源を気持ちで感じて気持ちでぶつかっていくしかない。国民統合の中心点たるべき日本国家は、同時にまた、「日本」という紆余曲折の歴史を経てきた何らかのアレでもある。 不動の中心であると同時に、日本国民を遠心力で引き裂きかねないものでもあるのだ。


このように、日本の起源というものは国民の重大なお気持ち案件である恐れがあるので、他国の人間が気安く口を出してよいものではない。そしてもちろん他国にも、似たような事情はあるかもしれない。「パーティーで政治の話をしてはいけない」という外交上のマナーは、すでにオールドファッションになったという説もあるが、パーティーで国家の歳を尋ねるのは、今でもやはり厄いのかもしれない。