正統はてな村_愛国よろこんで

強くなければ国を愛せない やさしくなければ愛を国せない 日本語ユーザー再度参照してください

なぜ古流ブロガーは元才女おばさんにならないのか?


女のあきらめが王道だった時代

旧時代の話だが、「読みやすい自伝を書けるのは、女。あとは、社長になれた男だけ」という法則があった。裏を返せば、社長になれなかった男の自伝は、けして読みやすいものにはならないということである。


その時代、男は社長になるべきものだった。営業上の妥協はいくら重ねようとも、最終的に社長になり一族郎党を食わせていくという一点においては、絶対に妥協してはならなかった。

そこでの妥協は、もはや敗北と同じだ。彼の自伝はもう、すっきりした物語にはならない。とはいえ、設計からやり直すわけにもいかない。どう書いても、屈託でねじ曲がった敗者の弁か、部屋住み居候の強引な開き直りか、せいぜいアンチロマンの意欲作といった形にしかならないのである。したがって、マニアックな需要しかなかった。


一方、女は社長になるべきものではなかった。なってもいいが、ならなくてもよかった。女にとって、企業や政府のトップに立てないことは、敗北でもなんでもなかった。父親の都合で結婚してもよかった。夫の都合に振り回されてもよかった。たとえ妥協に満ちてはいても、それが女のまっすぐな人生であり、「女の自伝」はそのようなものとして書かれ、読まれた。

ブログと男女混沌の時代

東映ヤクザ映画や新人類や第二の敗戦の時代を経て、一億総発信の時代がやってくる。「元才女おばさん」の問題が、ブログ的にも熱くなってきた時代である。

華々しいキャリア変遷を経て、なぜかとっ散らかってしまった30代後半〜40代女性。これが元才女おばさんの定義。

元才女おばさん。アラサークリエイティブ女子が直面する危機のその先。 | hirakuogura.com


この時代までには既に、敗者の自伝をなんとか形にする技術が整備され、その自伝を読み解き共感する側のリテラシーも十分に育ちはしたが、それら全てはまとめて時代遅れの廃棄処分となっている。つまり、読みやすい自伝を書くのは、昔と変わらず難しいのが現状だ。

そして、男女平等の理念が普及した分、女の自伝に要求されるハードルは上がっている。もはや、女の自伝であっても、「なぜ社長にならなかったのか?」という問いかけ(おおむねクソリプ)から完全に逃れることはできない。


しかし、自伝行為が許される枠自体は広がった。有名企業社長枠・総理大臣枠・勲章級学者枠・死刑級犯罪者枠・スポーツ特待枠・芸人枠はあいかわらずだが、従来は狭き門であった文筆家枠が劇的に広がった。男性にも女性にも、ブロガーとして人生をやっていく自由が与えられた。


もともと、文筆家という職業は、自伝をいい感じにしたい「元才女おばさん」のために用意されていたかのような枠だった。文筆家は、すべてのキャリアを活かせる「最後の職業」であり、とっ散らかったキャリアを経てきたおばさんの人生を、さかのぼって全肯定してくれる到達点だった*1

そして今や、ブログは万人に開かれた。女だろうと男だろうと関係ない。毎日自伝を更新しながら、その自伝によって生計を立てていくこともできる。


もちろん、これはあくまでも理想である。理想に時間を加えると、失敗と成功ができあがる。「ブログで自伝生活」という新たな理想の出現は、時と共に、新たな勝者と敗者を生んでいくことになる。

先述した旧時代の社長問題は、現在進行中の、プロブロガーvs.余暇ブロガーの煽り合いにまでつながっている。そして、元才女おばさんのブログは、女のあきらめが王道だった時代の筆法を引きずっている。

  • 勝者の自伝と敗者の自伝
  • 自伝についての需要と供給
  • 自伝をいい感じにするための事実(体験)と技術についての需要と供給

これらのポイントを意識しておくと、今後のブログの流れをよりいっそう楽しむことができそうだ。

なぜ古流ブロガーは元才女おばさんにならないのか?

以下、余談。古流ブロガーについての話をしたい。古流ブロガーとはどういうものかを、元才女おばさんと比較しながら明らかにしていきたい。

「なんでもできてしまう」が「とっ散らかる」にクラスチェンジするという危機

元才女おばさん。アラサークリエイティブ女子が直面する危機のその先。 | hirakuogura.com

選ばれしクリエイティブ女子は色んなことが「できてしまう」。そしてできてしまうゆえに、捨てること、絞ることができない。自分がやるべきことのプライオリティをつけることができない。

元才女おばさん。アラサークリエイティブ女子が直面する危機のその先。 | hirakuogura.com

「人から期待されることで自分が納得すると思い込んでるタイプのひと」はじわじわとこじらせ地獄に落ちます。

小倉ヒラク on Twitter

「人から必要とされる、評価される」という事にあれこれ手を出し続けていると「マルチタレント」が劣化して「迷走している人」になる。

元才女おばさん。アラサークリエイティブ女子が直面する危機のその先。 | hirakuogura.com


古流ブロガーのキャリアも、とっ散らかっている。元才女おばさんと完全に一致だ。

しかし、その結果にいたるまでの意識は、はるかに低い。元才女とは全く違う。


そもそも古流ブロガーは、「なんでもできてしまう」というタイプの才能には恵まれていないことが多い。才能がなくても、古流ブロガーは古流ブロガーだ。つまり、「元才女おばさん」の「才」は、古流ブロガーの本質には含まれていない。

たとえ才能があったとしても、古流ブロガーは気が向かなければ表に出さない。才能とそれに対する評価に先導されて動く生き物ではないのだ。

古流ブロガーが気分で才能を発揮し、その瞬間をたまたま誰かが見ている、という奇跡的な偶然の一致がない限り、古流ブロガーの才能は、社会的には存在しない。「ブログ以外に何も無い」のが古流ブロガーだ。


だから古流ブロガーには、「人の期待にこたえよう」以前に、期待というものが存在しない。「人の評価を求めて」以前に、何をすれば評価が上下するのかも判断できない。評価が無いのが評価、というどうしようもない状態が当たり前になっているからだ。


では、古流ブロガーは何を行動基準にしているのか。一言で言えば、3秒ごとに方向が変わる土石流*2のようなマイブームの流れに流されているだけである。

キャリアが迷走している理由を問われても、「社会の需要に応じて」ではなく「なんかやっちゃったので」としか言えない。そもそも、漂着した木っ端に漂着してきた理由を尋ねるバカはいない。

自問自答でむりやり自伝を書こうとしても、一節ごとに「なんか」「その時はそれが熱くて」「そこは流れで」といった胡乱な言葉の混入は必至だ。元才女が読んだら、意識の低さにあきれ返ってしまうだろう。人間の自伝には見えないかもしれない。

元才女おばさんが持っている、ある種の社会性や善性が欠落している。これが古流ブロガーの特徴だ。


ほとんどの古流ブロガーは、子供のころからこんな感じだ。そしてそのままブログを始め、名実ともに古流ブロガーとなっている。子供のころから混沌慣れしているため、元才女おばさんのように悩んだりはしないし、反省もしない。この変わらない性根を「男子っぽい」という言葉で表現する向きもあり、統計的には古流ブロガーのほとんどが女子高生と称していたりもするが、要するに心は兄弟だ。

何にせよ、男であろうと女であろうと、古流ブロガーは大企業の社長にはなれない。総理大臣や事務次官も無理だ。たまたま受験期に数学や英語のブームが来たので一流大学へ、さらに幸運が重なってキャリア官僚に、といったケースも報告されてはいるが、おそらくそのあたりが確率の我慢の限界である。古流ブロガーは古流ブロガーにしかなれない。*3


まとめると、「古流ブロガーは古流ブロガーに始まり古流ブロガーに終わる。評価が無いのが評価」ということになる。これが、古流ブロガーのレクイエムでありエピタフだ。このままではつまらないので、元才女のブログDNAをとりこむ必要がある。なんなら、元才女おばさんそのものになることも視野だ。

古流ブロガーが知っておくべき全集+1冊

最近の若い古流ブロガーは歴史を知らない。よって、知るべきだ。

露伴全集〈第1巻〉小説 (1978年)

露伴全集〈第1巻〉小説 (1978年)

古流ブログ中興の祖といえば、幸田露伴だ。わけのわからないキャリアをたどりつつ無職になりつつ妹(才女)におこづかいをもらいつつ小説家になったかと思えばわけのわからない作風の変遷をへて小説を書くのをやめたり再開したりしている。残した作品の多さと同業者からの評価の高さにもかかわらず、現在ほとんど読まれていない宿命ぶりは、さすがとしか言いようがない。「なんでもできてしまう」系の才能も持ってはいたようだが、才女から説教される才能こそが最高であったことは、その作品の一部からもうかがえる。古流ブロガーたるもの、子供のころから妹か委員長に説教されているべきだ。


父 (新潮文庫)

父 (新潮文庫)

可能性のあくなき追求を継続した時点で、父の敗北は決定した、と言っていい。自らの可能性と戦って勝てる者などどこにもいないのだ。

小林恭二『父』

そういう伝記である。「父」だけでなく、古流ブロガーとしての素質がやばい「兄」についての挿話も参考になる。

*1:これは、ある種の男にとっても同じことである。社長になれない男は女だ。

*2:ゲッツ板谷『わらしべ偉人伝』より

*3:ここでも、ポイントは「時間」「タイミング」である。元才女おばさんの問題は、社会との同期の問題(戸籍上の年齢の増加と、それに応じた社会的評価の変化に由来する)と絡むことによって、「若いころは各ジャンルの有能おじさんに可愛がられていたおばさん」特有の問題と言えるものになっている。社会的に高い評価を受けていた時期がそもそも無い古流ブロガーは、この問題についてあまりにも無頓着だった。