グラブルの根本的な攻略

グラブル攻略の基礎 ( http://deepgorikai.hatenablog.com/entry/2017/04/04/225136 ) についての情報です。年収攻刃と時間攻刃が厳しい初心者向け。

従軍慰安婦と老人


「誰が言ったか・何を言ったか」というfujiponさんのテーマ、グラブル攻略的にも重要なんですよ。年収攻刃のためのブログ運営どころか、言語と芸能の基礎に関わる話ですからね。国語属性と芸能属性の強化のためには、今後も要チェックです。


ただ、あのネタ(というか、時候の挨拶レベルのものかもしれませんが)の評価については、異論があります。

この少女像に関する文章に関しては、面白くもなければ、非難囂々になるほどのインパクトもない、ただ刺激的な言葉を使っているだけの「炎上商法」みたいなものにしかみえず、正直、「あの筒井さんも老いたのかな……」と感じました。

「慰安婦像ツイート炎上事件」について、筒井康隆ファンのひとりとして思うこと - いつか電池がきれるまで

あの文のポイントは、「慰安婦像を性的に汚してやろう」という発想ではなく、「あの像はシコい」という素朴な感想を述べたところにあります。


遊廓の跡地に置かれた伝説の花魁像(眼を合わせただけで射精するという)とかならともかく、あの慰安婦像ですよ。正直、まったく共感できなくて笑えました。筒井氏の年齢を考え合わせると、「え、82歳ってそういうものだっけ……?」という戦慄すらおぼえます。ぼくたちはまだ老人を知らない。


あれは、老いによってパンチが衰えた人の精一杯のギャグではなく、その歳まで少年のように素直な勃起を忘れなかった人間だけが使える自然体のジャブなんですよ*1。若いローアインらが「ゆぐゆぐ可愛い」「イザベラさんとワンチャン」とか言って盛り上がってるのとは意味合いが違います。すでにオールド・パーのポジションを視野に入れている可能性もあります。

チャールズ1世がパーに対し、他者にくらべ特筆する何かを成したことがあるかどうか尋ねたところ、パーは女性問題で教会から課された贖罪を成した、最も年老いた人間だと答えた。

トーマス・パー - Wikipedia

なんにせよ、筒井康隆はもう慰安婦像へのYESを表明してしまった。ポトラッチ精神的には敗北です。であるのならば、今回の一件をなんとか五分に持っていくためには、日本側も性的被害者の性的な詫び像を提供するしかありません。韓国の御老人の御理解ゾーンを懸命に探っていくしかないでしょう。それが誠意であり、「謀略は誠」です。*2


その挑戦を契機に、世界各地で性的な像の建立による歴史のやらしい見直しが盛り上がって、国際問題がドッカンドッカンくるんじゃないかと思えば、今回の一件、碧志摩メグのあれどころではないポテンシャルを秘めた問題提起であったと言えます。

*1:やはり、長期に渡ってブログで炎上をやっていけるのは、ある種の子供っぽさ(ブレーキのきかない素直な心と、損得を超えて炎上を客観的に楽しめる悪ガキ性)を維持できる人間だけなのかもしれません。

*2:言わずもがなのことですが、そもそも慰安婦像について政治的な対抗措置をとる必要があるのだろうか、という話です。性的被害をめぐっての政治的騒動はいつも、政治的な観点から見れば滑稽で、被害者個人によりそう視点から見れば残酷な言動を誘発します。

広告を非表示にする