グラブルの根本的な攻略

グラブル攻略の基礎 ( http://deepgorikai.hatenablog.com/entry/2017/04/04/225136 ) についての情報です。年収攻刃と時間攻刃が厳しい初心者向け。

特大イベント〈東大入試〉は今年も開催? 全属性を鍛えておくべき?

今年度も、東京大学入学者選抜試験の開催が予定されています。

戦後の長い歴史の中で、この予定が覆されたことは一度しかありません。



経済学入門 (第3版)

経済学入門 (第3版)


そしてその一度のイレギュラーも、結局のところ、全空の秩序を崩壊させるには至りませんでした。

東大入試はあいかわらず、国家の中枢の新陳代謝にいっちょかみしてワンパンおいしい重要イベントです。

イベントのメイン報酬である学歴(3凸できずに中退という結果になってもブログ攻刃的には十分おいしい)はもちろん、このイベントをくぐりぬけた同期・OB・先輩後輩との人脈ドロップも期待できます。年収攻刃の期待値を上げるだけではなく、政治的圧力からグラブルを守護るためにも、この報酬は見逃せません。学費の課金が可能であれば、ぜひとも走っておきたいイベントです。


とは言え、このイベントの完走は、一筋縄ではいきません。

センター試験もふくめれば、国語・数学・理科・社会の全属性撃滅戦でそれなりの戦果をあげることが要求されます。陸上競技の帝王たるデカスロンにも比肩しうる過酷なイベントです。


デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)

デカスロン 1 (小学館文庫 やB 11)


なぜ東大は、全属性での過酷な戦いを要求してくるのでしょうか?

グラブル運営のトレンド(傾向)が単属性マンの淘汰へと向かっているのは、毎度おなじみ「欠如の多元化」のためです。課金のためには、全属性の強化を欲してもらったほうが良いに決まっています。しかし、東大運営にその動機はありません。金銭的に得をするのは、予備校や出版社です。それではなぜ東大は全属性の強化を要求するのでしょうか?


それは、東大運営が国家運営でもあるからです。国家はエリートを求めています。

エリートとは、全属性に対して、ある程度の強さと御理解を持ち、各属性の個性豊かなキャラであふれる社会を国家的統合へと導きうる団長のことです。エリートの条件とは、全属性の強化。強化はすなわち愛です。愛が偏りがちになるこの時代だからこそ、全属性のキャラの話をきちんと聞くことができるエリートを、国家は強く求めています。そしてその国家による国家的ジョブ設計の要となるのが東大入試なのです。


私大ルートや数学6完などの魔道を歩むよりも、まずは全属性のバランス良い強化を。これが東大の意志です。

グラブル攻略にガチな皆様。国語は捨てる、社会は捨てる、などの極端な思想に飛びつかず、全属性への愛とモチベーションを保っていきましょう。あと、本当にエリートになってしまうと将来的に時間攻刃が厳しくなるので、そこはバランス良くうまくやっていきましょう。

広告を非表示にする