グラブルの根本的な攻略

グラブル攻略の基礎 ( http://deepgorikai.hatenablog.com/entry/2017/04/04/225136 ) についての情報です。年収攻刃と時間攻刃が厳しい初心者向け。

ケルベロス第五のパイズリ


「パイズリ」は、なぜ断絶したのか?

そもそも、本当に断絶していたのか?

これがとうとうわからなかった。愚息もギブアップだ。


「パイズリ」という言葉の起源は、依然として不明である。

デス一門の口伝では、「「パイズリ」の開祖は昭和時代の作家・梶山季之氏である」とされていたが*1、今回の調査の結果、その説も怪しくなってきた。デス一門は、下記の資料を見落としていたのである。

私は野次馬だから、なにか面白い話を聞き込むと、すぐ出かけてゆく。


"パイズリの陽子"というトルコ嬢の話をきいて、取材に行ったこともある。


彼女は、超弩級のオッパイの所有者で、このボインちゃんの涙の谷間に、乳液を塗りたくって、このオッパイでスペシャルをやって呉れると言う奇芸のトルコ嬢なのだ。

梶山季之『巷談名人列伝』(1971)


これがノンフィクションであるならば、梶山氏の小説『と金紳士』で使われた「パイズリ」という言葉は、氏の造語ではない。風俗業界で既に使われていた言葉であったということになる。

しかし、だとすれば、なぜ現代の日本において、山田邦子氏が「パイズリ」の祖とされているのだろうか?


山田邦子氏が己の直観のみで「パイズリ」のイデアに達したことを疑う理由は無い。その影響力と功績は、誰もが知る通りだ。厳密な意味で「パイズリの開祖」と呼べるかどうかはさておき、少なくともパイズリ中興の祖であることは間違いない。現代パイズリの歴史は、山田邦子氏から始まっている。


しかし、昭和時代中期に「パイズリ」があったことも、また事実だ。ここには大きな断絶がある。


梶山季之氏は、けして無名な作家ではない。トップ屋集団〈梶山軍団〉を率いて草創期の『週刊文春』を盛り立て、小説家としても数多くのベストセラーを残している。

そして前述の通り、梶山氏の記録は、「パイズリ」の歴史が昭和時代中期の風俗業界にまでさかのぼる可能性を示している。

それら一切の記憶は、失われてしまったのだろうか?

「パイズリの開祖=山田邦子」という歴史観を疑う者は、はてな村にしか見当たらない。事態は絶望的であるように思われる。


奇跡的にも、山田邦子氏という天才を得て、「パイズリ」は忽然と復活した。しかし、その復活は、断絶の謎を浮き彫りにするものでもあったが、それ以上に、その謎自体をかき消してしまうほどの、(文字通り)画期的な出来事であった。

山田邦子以後の世界では、誰もが、パイズリの根源に到達したと思いこんでいる。あるいは、パイズリの根源に到達することをあきらめてしまった。であるなら、つまり、パイズリの陽子はキリストを超えた。

*1:小説『と金紳士』 1968年連載開始

広告を非表示にする

【100年に1人の逸材】オカダ・カズチカ

f:id:deepgorikai:20170411224120j:plain

アビリティ

トランキーロ
敵単体のチャージターンを1つ減らして1つ増やす
EVIL
自分にEVIL効果 ◆被ダメージで矢野
ヒロム、いや……
髙橋ヒロム

サポアビ

タグチジャパン監督
味方全体の奥義ゲージを69%出し切る
広告を非表示にする

【朗報】個人価値トレードサービスVALUに批評家の東浩紀氏が上場!? 批評性が高すぎると話題に

加速趣味者から加速投資家*1へと、順調に歩を進めていくイケダハヤト氏。

一方、現在のはてな村は、あまりにも無力。はてな村グラブル攻略者たちは腰をすえ、「オンラインサロン vs. 貧乏人用のインターネット」という暫定的な世界観のもと、批評史と侘茶の応用に取り組むバイブスを上げていた。

そこに驚愕のニュースが。

ぼくのVAは近日中におそろしく安い値段でしょぼく公開される予定。

東浩紀氏のTwitterより


なんという観光精神。


日本の番付文化と茶の湯にくわしい、ナカシーク・サン・ギヨーム大学のカジュシ・モリアータ教授は、こう語る。

「これは良いニュースだ。イケダ氏と堀江氏がランキングのトップを争い、はてな村民は無駄にヘイトをぶつけるしかないこの状況下で、東浩紀氏がVALUに上場することの意味は大きい。グローバリズムナショナリズムをメタレベルでアレする、きわめて批評性の高い上場だ」


はたして、それほどまでのものだろうか?


「間違いない。近日中に、誤配相場が吹き荒れる。VALU運営サイドにとっても、これは歓迎すべき事態だ。そもそも、価値観の多様性がない場では、経済は回らない。すべてがイケダハヤトになってしまえば、取引は成立しないのだ。東浩紀という強力かつ新たな軸を得たことによって、VALUはついに本当の意味で動きだしたと言える」


続けてモリアータ教授は、下記の殴り書きを示し、

東浩紀ってすごいの? 1000円で買うバカがいるなら売るわ」 → 「現にすごいことやってるし。1000円で売るとかバカだろ。買うわ」 → 「「バカでありがとう!」」

「要するに、経済の本質とは「バカでありがとう」なのだ」と結んだ。


それは明らかに言い過ぎだが、とにかくグラブル攻略会は、今後もVALUの動きに注目していくバイブスを固めた。

*1:VALU自体は、まだ投資サービスではない

広告を非表示にする